骨盤矯正(整体)は、痛みや症状が無くても受けることができますか?

骨盤の骨

骨盤矯正(整体)を行うには理由がある

骨盤矯正(整体)というと、『ボキボキバキバキ』というイメージや、『痛みやしびれなどの症状がなければ受けてはいけない』と思っている方が多いのではないでしょうか。

 

当然ですが、『骨盤や関節に異常がないのに、骨盤矯正(整体)をしてはいけません』。

これは大前提です。

 

しかし、あなたが「骨盤矯正(整体)を受けてみたい、気になる」など、何かしらの興味を骨盤矯正(整体)に感じたというのは、何かそう感じる不安に近い理由があるはずです。

 

また、『症状や違和感がなければ体は正常』というわけではありません。

極端な例ですが、カッターで指を切ったのに痛みを感じなければどう思いますか?

「痛みも違和感もないから正常だ」、とは思わないですよね。

痛みや症状がなければ『良い』のではない?

『骨盤矯正(整体)は、痛みや症状が無くても受けることができますか?』

 

疑問顔の女性

 

こんな質問を受けることが、たまにありますが、

あなたが痛みや異常を感じていない=身体に異常がない

とは言い切れません。

 

ヒトの身体はよくできたもので、かんたんに痛みや症状を出すかと思えば、全身をうまく使ってバランスをとり、痛みや症状を出さないこともあります。

関節の異常は外から見えない

関節の異常、筋肉の異常は外からは見えません。

そして、意外かもしれませんが、凡座がみているような関節の異常は、外から見てわからないどころか、レントゲンをとってもわかりません。

 

膝関節の図

 

たとえば、あなたもよくご存じの『捻挫(ねんざ)』、足首やひざなどをひねって『ねんざ』をおこすと痛いですよね。

ひどい場合はパンパンに腫れて歩けなくなることすらあります。

『ねんざ』はレントゲンに写るのか?

そんな『ねんざ』ってレントゲンでわかると思いますか?

実は、『ねんざ』はレントゲンをとってもわかりません。

 

日本整形外科学会のホームページを見てみると、以下のように書かれています。

関節に力が加わっておこるケガのうち、骨折や脱臼を除いたもの、つまりX線(レントゲン)で異常がない関節のケガは捻挫という診断になります。
したがって捻挫とはX線でうつらない部分のケガ、ということになります。

引用:日本整形外科学会ホームページより

『痛む』には、『痛む』だけの理由が必ずある

『ねんざ』はレントゲンでは異常がない、とありますが、『ねんざ』を起こすと腫れるし、痛いし、熱を持つし、と明らかな症状があります。

本当に異常がないのでしょうか?

 

困り顔の女性

 

凡座に来られる方は、凡座に来られる前に整形外科や整骨院などに行かれてから来られる方がほとんどです。

 

そして、『ねんざ』だけではなく、痛みやしびれ、違和感が強くあるものの、「前のところでは、異常がないと言われました」という言葉を聞くことも少なくありません。

あなたは自分が痛みを感じてつらい時に、「異常はないです」と言われ、何もしてもらえなければどう思いますか?

 

痛む』には痛む『理由』が必ずある。

火のないところに煙は立ちません。

骨盤矯正(整体)は必ず行う必要があるのか?

では、だれでもいつでも骨盤矯正(整体)を行うのか。

と言えば、そういうわけではありません。

以前こんなことがありました。

骨盤矯正(整体)しないこともある

『急に腕が痛くなったのですが、どうすればいいですか?』という電話相談を受けました。

 

腕を痛がる女性

 

よくよく話を聞いてみると、事の経緯からして、その方の場合は、『筋肉痛』というのが私の判断でした。

その方にはアイシング指導だけをして骨盤矯正(整体)は行いませんでした。

アイシング指導した二日後には、「腕の痛みもなくなり、何の問題もありません」とご連絡をいただきました。

 

この時は、色々と事情があり処置ができない、ということもありましたし、特にその他の問題がなかったので、私は『処置は不要』と判断しました。

 

筋肉痛に対する処置はありますし、処置をした方が良いので、骨盤矯正(整体)をしている中で、筋肉痛があると判断すれば通常は筋肉痛に対する処置を行います。

しかし、筋肉痛だけでなく、骨盤にしても、その他の関節にしても、処置の必要がないと判断すれば、骨盤矯正(整体)、処置をすることはありません。

骨盤矯正(整体)は手段であって、目的ではありません

骨盤矯正(整体)は小さい大きいにかかわらず、『関節や筋肉などにおきた異常を取り除くため』に行います。

その目的は、『関節や筋肉などにおきた異常を取り除くため』であり、骨盤矯正や整体をすることが目的ではありません。

 

凡座の骨盤矯正(整体)は、あなたの体の状態や症状によってやり方を変えます。

それは骨盤矯正(整体)が『手段』であって、『目的』ではないからです。

 

誰に対しても、どんな状態の時でも同じやり方で骨盤矯正なり整体を行っていると、いつのまにかそれ自体が「目的」となってしまいます。

それではいけない、というのが凡座の考えです。

まとめ

骨盤矯正(整体)を受けてみよう、気になるというのは、あなたが『何かしらの不安をあなたの体に感じている』可能性が高いです。

 

そうであれば、実際の症状として現れる前に、対処するのが最善の策です。

まずは、一人で悩まないで、お気軽にご相談ください。

 

体の状態が気になるというのは、何か目的や目標があるからです。

・バリバリ仕事がしたい

・趣味を思う存分楽しみたい

・マラソンで目標のタイムを達成したい

・エースとして活躍したい

・いつまでも元気でいたい

など

元気はつらつな笑顔の女性

 

あなたにもそんな笑顔の毎日を過ごしてもらいたい。

それが凡座の願いの一つです。

 

【骨盤矯正(整体)】について

 

凡座では施術だけでなく、歩行指導、運動指導、日常生活指導、食養生などを通じて再発防止に力を入れています。

完全予約制

06-7176-6667

ご予約フォーム

ネット予約は24時間受け付けています。

今すぐご連絡ください。

大阪府豊中市蛍池北町1-2-22

豊中市 阪急蛍池駅 徒歩5分

料金/受付時間案内

休業日のお知らせ

 

プロフィール

施術を受けた方の喜びの声

初めての方へ/初回時の流れ

骨盤矯正(整体)について

巻き爪矯正について

よくある質問

 

骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください