足のむくみ(浮腫):足がパンパンで動きたくなくなるほどのつらいむくみでお悩みのあなたへ

足のむくみを気にする女性

 夕方になると足がパンパンにむくんでいる

 朝起きたときから足がむくんでつらい

 むくみが強くて足が重く、歩くのが嫌になる

 靴下のゴムの跡がすごい

 仕事帰りになると、クツの中で足がしめつけられてしびれる

『むくみ(浮腫)』はつらい

多くの女性のお悩みの上位に来る『むくみ』。

むくみは毎日感じる慢性的なものが多く、とても不快でつらいですよね。

むくみ(浮腫)って何?

そもそも、あなたを苦しめている『むくみ』とはいったい何なのでしょうか?

ここでは足に起こる一般的な『むくみ』を取り上げます。

 

『むくみ』とは、かんたんに言うと、『水分』です。

体の中の水分が足元にたまった状態が『むくみ』なのです。

 

足がむくんでショックを受ける女性

『むくみ』はなぜ起こるのか

『むくみ』の原因はなんでしょうか?

※内臓の病気などでおこる『むくみ』は除外しています

 

・運動不足

・筋肉の量が少ない、皮下脂肪が多い

・長時間の立ち仕事、デスクワーク

・体の水分量が少ない

・食生活の乱れ

・冷え

・過度なダイエット

・生理、妊娠などによるホルモンバランスの乱れ

など

むくみは『冷え』の原因の一つ

足もとにたまった水分は、足元にとどまり循環しないため、熱が奪われ冷えてきます。

 

そうすると、当然足元が冷えてきます。

そして、さらに血の巡りが悪くなり、『むくみ』が強くなる、『冷え』が強くなる。

という悪循環になってしまいます。

水分は自然には上に上がらない

当たり前のことですが、水分は何もしなければ自然に上に上がることはありません。

コップに入っている水が、何もせずにいつのまにかコップの外に出る、なんてことはありませんよね。

 

体の中の水分も同じように、何もしなければ下にたまってしまいます。

例えば血液ですが、心臓は血液を全身に循環させています。

 

しかし、心臓は血液を送り出すことはできても、吸い上げることはできません。

これは、案外わかっているようでわかっていないことの一つかもしれませんね。

『むくみ』をよくする方法は?

それでは、体の水分をどうやって上に押し上げているのでしょうか?

それがわかれば、『むくみ』をよくするヒントがわかりそうですよね。

『むくみ』に対してマッサージしていませんか?

『むくみ』でお悩みのあなたは、ひょっとしたらマッサージに行ったり、お風呂の中でふくらはぎをもんだりしているのかもしれません。

マッサージは気持ちがいいですし、『むくみ』に対して足首からひざに向かって、ぐっーと押し上げる方法はテレビやネットなどでもよく取り上げられています。

 

むくんだ足をマッサージする女性

 

しかし、水分を上に上げようと思うと、単純に下から上に押せばいいのでしょうか?

液体は上げても上げても下に落ちてしまいます。

 

それにそのまま上に押し上げても、血液などは上に上がりにくいシステムがあります。

なので、『むくみ』を改善するためには、液体である水分が上に上がり続けるようなシステムが必要になるのです。

身体の水分を上に押し上げる力(システム)とは?

回りくどいことはやめて、答えからいきましょう。

 

そのシステムとは、

・筋肉の伸びちぢみによる筋肉ポンプ

・血管の中にある逆流防止の弁

・血管の形状

 

グラスからあふれるワイン

 

足だけでなく全身の血の巡りも同様に、

このような力、システムによって血液は心臓に戻ります。

『むくみ』をよくする方法

血液には上記のようなシステムがあるのですから、そのシステムが有効に働く環境を作ってあげれば、『むくみ』はよくなる、ということです。

それでは、対症療法、根本療法の順でお伝えしていきます。

マッサージは下から上ではなく、『上から下へ』

対症療法ではありますが、「今のつらいむくみを何とかしたい」

ということであれば、マッサージも有効です。

 

ふくらはぎをマッサージしている画像

 

しかし、その時にこのような、ふくらはぎを下から上に押し上げるようなマッサージでは、下にたまった血液はうまく上には流れてくれません。

一つ前で述べたように、血管の中には逆流防止の弁があるからです。

 

では、どうすればいいのか?

 

ふくらはぎを上から下に押し下げるようにマッサージしてあげると、血管の形状の力と血流の勢いの効果で、血液は足元から上へと流れて行ってくれるのです。

試してみてくださいね。

ただし、力を入れすぎないように行ってください。

『歩くこと』、これに勝るものはありません

先に、血液を全身に巡らせるシステムのところで、筋肉ポンプの話をしましたね。

足のむくみに関しては、ふくらはぎの筋肉こそが最大の筋肉ポンプになります。

 

そのため、ふくらはぎの筋肉の伸び縮をしっかりさせることが、足のむくみにとって、必須で最大の効果をもたらす条件になります。

 

にこやかに歩く男女

 

ふくらはぎの筋肉を伸び縮みさせる方法はいくつもありますが、その中でも歩くことが、もっともふくらはぎの筋肉をしっかりと伸び縮みさせることになります。

 

また、『歩行』の効果はそれだけではなく、次に述べる骨盤の安定や、筋力がつく、骨が丈夫になる、体力アップ、内臓の動きがよくなる、精神の安定など、さまざまな効果があります。

 

『むくみ』に対してだけでなく、あなたの身体のために、生活の中に『歩行』を取り入れるようにしてみてください。

思わぬ効果が得られると思いますよ。

歩行には『骨盤の安定』も欠かせません

きちんと歩行の効果が出るように歩くためには、『骨盤の安定』も欠かせません。

骨盤が安定していないと、正しく足を出して歩くことはできないからです。

 

ゆがんだ骨盤と正常な骨盤

 

やみくもにただ歩いても、正しい歩行の効果は得られないため、本来は歩き方を含めた体の状態を見てもらうことが望ましいです。

骨盤の不安定は日常生活から起こる

あなたも含めた我々の日常生活は「偏り」の連続です。

 

 カバンをいつも右肩で持つ

 いつも左を上にして足を組む

 いつも右足を下にしてお姉さん座りをする

 いつも左下にして横寝をする

 歩いてすぐのところでも自転車に乗る

 いつも右を向いてテレビ、パソコンをしている

 

こういったことはほぼすべての方にあてはまります。

このような「偏り」は生活をしている限り、意識しなければ避けることができません。

しかし、『意識』をすれば減らすことはできます。

 

小さな一歩で構いませんので、『意識』をすることが大切です。

意識』をすれば、あなたの『行動』が変わりますよ。

『むくみ』に骨盤矯正のススメ

骨盤の安定は、歩行だけでなく、筋肉ポンプの働きにも大きく影響するため、水分、血液を上に押し上げ『むくみ』にくい体質を作るうえで欠かせない条件になります。

 

また、『むくみ』対策以外にも、『むくみ』に悩んでいる方が同時にお悩みのことが多い、腰痛や肩こり対策にもなるため、骨盤の安定はとても重要です。

骨盤を安定させるには

凡座では骨盤矯正(整体)を行っています。

ですが、骨盤の安定の第一選択は、『骨盤矯正』ではありません。

 

今現在、「自覚する症状が何もない」、というあなたは、まずは『歩く』ことから始めてください。

これは、「自覚症状がないなら骨盤の異常はない」、と言っているわけではありません。

自覚症状がなくても、骨盤矯正が必要な場合はたくさんあります。

 

さきほど、歩くためには骨盤の安定が欠かせない、という話をしました。

それでも、まずは『歩く』ことから始めてください。

 

それは、あなたが自分の体のことを何も感じない状態で骨盤矯正を受けるより、足の出しにくさや体の揺れなどの歩いた時の違和感を感じて、あなたの体の状態を感じてもらいたいことが一つ。

 

そして、骨盤矯正を受けなくても、しっかり『歩く』ことで骨盤が安定する場合もあります。

それでも、歩いた時の違和感が変わらない、『むくみ』がよくならない。

という場合は骨盤矯正(整体)を受けることをおすすめします。

まとめ

あなたを苦しめている『むくみ』は、身近な症状ですが、とてもつらい症状の一つです。

 

病気以外で起こる一般的な『むくみ』は、日常生活によるものが大半です。

なので、まずは日常生活を改善するところから始めてください。

 

デスクワークが多いならこまめに席を立ったり、あまり歩いていないなら歩く量を増やす。

それでもダメなら、専門家に相談するのも一つです。

 

何もしなければ、あなたの『むくみ』は変わりません。

行動するチャンスを逃さないでくださいね。

 

あなたも一人で悩まないで、私と一緒に『むくみ』をよくするために取り組みませんか?

 

【骨盤矯正(整体)】について

施術料金

整体(骨盤矯正含む)

あなたを苦しめる『痛み』、『ゆがみ』などの症状に対応します

異常のある関節を、正しく動く関節に整えます

初見料:2.000円

再見料:2.000円 ※最後の施術日から二か月経つと、再見料の対象です

施術料: 一 般  4.500円

    中学生まで 3.500円

 

凡座では施術だけでなく、歩行指導、運動指導、日常生活指導、食養生など、再発防止にも力を入れています。

 

完全予約制

06-7176-6667

ネット予約

 

ネット予約は24時間受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。

 

アクセス:大阪府豊中市蛍池北町1-2-22

豊中市 阪急蛍池駅 徒歩5分

受付時間/料金案内

休業日のお知らせ

 

プロフィール

施術を受けた方の喜びの声

初めての方へ/初回時の流れ

骨盤矯正(整体)について

巻き爪矯正について

よくある質問

 

骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください