ひざの痛み

どこに行ってもよくならない『ひざの痛み』で日常生活に苦しむあなたに

ひざの関節のイラスト

なかなかよくならない膝の痛みで悩んでいませんか?

 ひざが痛くて歩けない

 ひざに水がたまって腫れている

 痛みはないが、曲げ伸ばしがしにくい

 手術をすすめられているが手術は受けたくない

 歩くとひざがたよりない、歩きにくい

 どこに行ってもひざが良くならない

 もうこれ以上、薬や注射を続けたくない

 

あなたは驚くかもしれませんが、ひざの痛みは『ひざに原因がない』ケースがたくさんあります。
どこに行ってもよくならなかったあなたのつらい『ひざの痛み』は凡座におまかせください。

凡座の骨盤矯正(整体)でひざの痛みを解決した22才 女性のお声

膝の痛みで骨盤矯正を受けた感想

生活に支障が出るほどのひざの痛みが、凡座に通うようになってどんどんなくなりました

このようなお声を多数いただいています。
※「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

今まで悩み続けたひざの痛みが凡座で良くなる三つの理由

ひざの痛みの原因は人ぞれぞれです。
凡座では、あなたのひざの痛みの原因に的確にアプローチするから、長年のひざの痛みを良くすることができるのです。

問診

その1:徹底したカウンセリングと検査であなたの痛みの原因を見つけます

凡座の大きな特徴の一つが、施術前の徹底したカウンセリングと検査です。

この二つを丁寧に行うことで、あなたを苦しめる『ひざの痛み』がどこから来ているのか、その『原因』を見つけ出すことに全力を注ぎます。

あなたのひざの痛みと他の方のひざの痛みの原因は同じではありません。

そのため、誰に対しても同じ施術ではなく、あなたの身体の異常を把握し、あなたの身体に合わせた施術を行います。

あなたが思っている以上に、些細なことや昔の出来事が今のあなたの身体に影響しています。

どんなことでも結構ですので、「これは大したことないかな?」と、自分で判断せずに、気になることはすべてお伝えください。

まかせてください

その2:『ひざの痛み』ではなく『ひざの痛みの原因』に施術します

膝に痛みは、ケガや事故で痛めたのを除けば、ひざ自体には問題のないことがほとんどです。

もし、あなたのひざ自体に原因、問題がないのであれば、どれだけひざの施術だけをしてもあなたのひざは良くなりません。
それどころか、最悪の場合、問題のないあなたのひざが悪くなる可能性もありえます。

凡座では、痛みや異常の出ているところ=悪いところ、とは考えていません。
そのため、痛みや異常の出ているところを施術しないことも少なくありません。

それは痛みや異常の出ているところ以外に原因があり、その原因に対して施術することで、あなたのひざの痛みや異常が良くなるからです。

的確な施術を的確な場所に行うこと、これが大切だと凡座ではそう考えています。

歩行01

その3:再発防止のために歩行指導、生活習慣動作指導をします

あなたのひざの痛みがケガや事故で起こったものでなければ、あなたのひざの痛みは仕事、趣味、家での生活、外での生活、歩行などの日常生活から起きた可能性が高いのです。

そのため、施術をしてひざの状態が良くなっても、また同じように体に負担のかかる日常生活を繰りかけしていれば、痛みや異常の出る状態になる可能性が高まります。

身体に異常の出る生活習慣動作があるのであれば改める必要があります。

痛みや異常があると、どうしても今の状態を良くすることにしか目が向きません。

もちろんそれも大事ですが、わたしはそれに寄り添いながら、未来にも目を向けて、あなたが笑顔の毎日を送れるように全力でサポートします。

どれくらい通えばひざの痛みはよくなりますか?

あなたのひざの痛みをよくするために必要な施術回数や期間は、症状の重さや原因、年齢、性別などの条件によって変わるため、あなたの身体の状態をみる前からお答えすることはできません。

しかし、今までの経験からある程度の目安となる回数がありますので参考にしてください。

施術室の画像

ひざの症状が落ち着くまでの目安となる施術回数

  • 軽症・・・3~6回
  • 中症・・・7~11回
  • 重症・・・12回~

 

施術を受けてもらう上で大切なことは、今のひざの痛みがよくなればそれで良い、『ということではない』、ということです。

ひざの痛みが良くなり、そして、ひざの痛みを引き出している大元の原因が安定して初めてあなたのひざがよくなったと言えます。

あなたは本当に『ひざ』が悪いのですか?

一般的に、

ひざの痛みや症状=ひざが悪い

と、考えられています。

 

たしかにひざに痛みがあるのですから、ひざに何らかの問題があるのは間違いありません。

しかし、凡座にひざの痛みで来られる方を見ていると、

ひざ自体が悪くてひざに痛みがでている人は、ほとんどいません』。

 

『ひざ自体が悪くて、ひざに痛みが出ている人』というのは、スポーツによるけが(スポーツ外傷)、交通事故やケガなどで直接、ひざを負傷した場合です。

これらは「直接」ひざに対して衝撃が加わった『ケガ』です。

 

しかし、「ひざが痛い」というほとんどの方が、『何もしていないのに』、『いつの間にか』、『突然痛くなった』と、言われます。

 

あなたは本当に、『何もしてないのに、ひざが突然痛くなる』と思いますか?

まるで、机の上の花瓶が触れてもいないのに割れるかのように?

大きな?のイラスト

痛くなるには、痛くなる原因が必ずある

ひざに限らず、腰や首にしても、「なにもしてないのに痛くなった」と思っている方はとても多いです。

 

しかし、実際には、「何もしてない」のに、ひざや腰が痛くなることはありません。

痛くなるには痛くなる原因が必ずあります。

 

そして、やっかいなことに、ひざはとても影響を受けやすい関節なのです。

どこの影響を受けるかというと、骨盤、股関節、足首(足関節)などです。

 

また、左右どちらの影響もうけるため、『どこ』がひざの関節に影響を与えている大元なのか、を突き止めることが、あなたのひざの痛みをとるために欠かせないポイントです。

 

よく「ひざの施術は難しい」と言われますが、これらのことを理解していないと、根本的にひざの状態を改善させることができないために、そう言われるのでしょう。

施術料金

整体(骨盤矯正含む)

初見料:2.000円

再見料:2.000円 ※最後の施術日から二か月経つと、再見料の対象です

施術料: 一 般  4.500円

中学生まで 3.500円

最後に

プロフィール画像ひざの痛みは長期に渡って苦しむケースがとても多く、日常生活や仕事にも大きく影響します。

また、ほとんどの場合で腰痛や股関節痛などのひざの痛みに併発する他の痛みも伴います。

 

このようにひざの痛みはとても複雑で、施術をすることがむずかしい場所と言われています。

そして、その場しのぎの施術でどうにかなる場所でもありません。

 

そのため、複数回の施術が必要になります。

残念ながら一度ですべてを良くしてしまうことは出来ませんし、どんなものでもすべてを良くすることは出来ません。

 

しかし、最後まであきらめずにあなたのひざの痛みを良くすることに全力を注ぎます。

あなたのつらいひざの痛み、わたしと一緒に取り組んでいきましょう。

 

一人で悩まず、凡座にご相談ください。

症例一覧

整骨院に通い続けても良くならないと迷っていた左ひざの痛み|70代主婦