『右足のかかと、 腰のゆがみも調整してもらいました』:腰のゆがみ調整をご希望で池田市から 36才 男性

こんにちは、大阪府豊中市蛍池の骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座です。

 

踵骨棘 体験談

腰のゆがみも調整してもらい、寝る時の姿勢も指導をうけました

池田市から腰のゆがみ調整をご希望でお越しのH.Nさんのお声

バスケットをしている時に右足を強く踏み込んでしまい、 かかとがずっと(半年)痛かったのですが、 ズバリ「右足何かやりましたか?」 と言い当てられました。

歩行にそれが出ていたようです。

 

その右足かかとはもちろん、 腰のゆがみも調整してもらいました。

寝る時の姿勢も指導をうけたので、 これからは注意して寝ることにします。

ありがとうございました。

※「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

 

踵の痛みもずっとありました

長年の腰痛があり、骨盤矯正(整体)をご希望で来られました。

カウンセリング、検査をしていく中で、踵の異常を発見。

おそらく踵骨棘(踵の骨に出来るトゲ)と言われる状態 だったのではないかと推測できました。

【踵骨棘】ページはこちら

 

腰のゆがみから踵の痛み?  踵の痛みから腰のゆがみ?

ここで問題となるのは、腰痛、骨盤のゆがみが先なのか、踵骨棘(断定はできません)が先なのか。

これを把握しておかなければ、正しい施術もできなければ、根本的な症状の解決もできません。

 

一般的に踵骨棘では、多くの場合、踵骨棘に対する治療、もしくは踵骨棘に関わるふくらはぎの筋肉などの治療、処置しか行われません。

 

踵骨棘は短い期間で急にできるものではありません。

骨盤のゆがみから徐々にふくらはぎなどの関係する筋肉の影響によって踵骨棘が出来ていきます。

 

そのため、骨盤のゆがみを戻さなくては、いくら踵骨棘やふらはぎに対してアプローチしても、あまり改善しないか、改善しても再発してしまうことが多いのでしょう。

 

根本的な症状の改善、解決を目指す

凡座では症状の改善だけに目を向けるのではなく、なぜその症状が出ているのか?

そして、その症状の原因となるものはなぜ起きたのか?

を探り出して、その根本の原因を除去するための施術を行います。

 

【踵骨棘】について

【腰痛】について

【骨盤矯正(整体)】について

 

 

凡座では施術だけでなく、歩行指導、運動指導、日常生活指導、食養生など、再発防止にも力を入れています。

 

完全予約制

06-7176-6667

ネット予約

 

ネット予約は24時間受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。

 

アクセス:大阪府豊中市蛍池北町1-2-22

豊中市 阪急蛍池駅 徒歩5分

受付時間/料金案内

休業日のお知らせ

 

プロフィール

施術を受けた感想一覧

初めての方へ/初回時の流れ

骨盤矯正(整体)について

巻き爪矯正について

よくある質問

 

骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA