公開日:2017/10/05最終更新日:2017/11/08

巻き爪は、早めの矯正が肝心

巻き爪は、痛みや爪が切りにくいだけでなく、放っておくとかばって歩くことが習慣化し、膝や腰などの不調となって現れることも少なくありません。

そのため、爪の異変に気付いたその時が、行動を起こす最適の時期なのです。

巻き爪とは

爪の両端、または片側が内側に巻き込み、皮膚や肉に食い込んだ状態の爪を巻き爪と言います。

足の親指の爪に起こることがほとんどですが、足のすべての爪が巻き爪になる可能性があり、手の爪が巻き爪になることもあります。

巻き爪は進行していきます。

そのため、「もう少し様子を見よう」、「まだあんまり痛くないし」、「そんなに巻いていないし」などと放っておくと、痛みの強い段階、巻き爪の度合いが強い段階に進んでしまいます。

巻き爪の症状

爪の形状、見た目の問題に加え、多くの場合、歩くと痛い、さわると痛い、クツが当たって痛いなどの痛み症状や、爪が巻くことにより爪が切りにくいなど、日常生活にまで大きく影響します。

その痛みの影響により、日常的にかばった生活をしてしまうため、股関節や膝、腰の痛みなど、身体のその他の部分に異常が出現します。

中には、爪の巻きこみが強いにもかかわらず、あまり痛みがない、という方がいます。

これは、巻き爪になり始めた当初は痛みがあったものの、そのままずっと放置しているうちに巻き込みが強くなり、爪が皮膚にあたる角度的な問題で、痛みが出ない状態になっているだけで、状態としては当然よくありません。

爪の巻きこみや爪の切り方などの影響で皮膚に傷がつき、出血したり、そこから感染を起こし、化膿している方も少なくありません。

 

巻き爪の原因

・爪の切り方(深爪、伸ばしすぎ、端を斜めに切り込む、手でちぎるなど)

・歩き方(正しい歩き方をしなければ爪は巻いてきます)

・クツのサイズがあっていない(小さい、大きい、つま先の形状、ヒールなど)

・スポーツ、ケガや、爪水虫などの疾患など

・遺伝(後天的)、日常生活習慣など

巻き爪の原因はどれか一つ、ということではなく、これらの複合で巻き爪になっていることが多いです。

 

ドイツ式巻き爪矯正(B/Sスパンゲ)

巻き爪矯正は、プレートやワイヤーを使うものから、外科手術まで様々な方法があります。

私も巻き爪矯正を勉強、習得するときに、どの方法が巻き爪矯正を必要とされる方にとって最善の方法か、というのを入念に調べました。

この方法がどの方にとっても完璧!という方法は、残念ながらありません。

どの方法にも一長一短があります、しかし、その中でも安心して受けることができて安全な方法。

そして、巻き爪矯正としての効果の高い方法ということで、ドイツ式巻き爪矯正(B/Sスパンゲ)を選びました。

 

痛みの少ないやさしい巻き爪矯正

ドイツ式巻き爪矯正(B/Sスパンゲ)は、グラスファイバー製の薄いプレートを専用の接着剤で直接、巻き爪に張り付ける方法です。

巻き爪にこのプレートを貼ることで、常に巻き爪を改善させる力を加えることができ、無理なく巻き爪を戻していきます。

この方法だと、爪に穴をあけたり、深く切り込んだり、爪を伸ばしたりすることなく巻き爪矯正することが可能で、その上からマニキュアを楽しんだり、お風呂に入ったり、普段の生活を送ることができます。

ドイツ式巻き爪矯正(B/Sスパンゲ)は処置自体が安全なため、とても痛みの少ない巻き爪矯正方法で(処置自体で痛みを感じることはほとんどありません)、小学生のお子さんから安心して受けることのできるやさしい巻き爪矯正です。

 

巻き爪の痛みに即効性あり

また、痛みの軽減に即効性があるため、貼り終えた直後からその効果を実感してもらえることが多いのも特徴の一つです。

巻き爪矯正する前は、「こんな薄いプレートd大丈夫かな?」と、ほとんどの方が感じると思います。

実際に口に出される方も少なくありませんし、最初は私もそう思いました。

しかし、多くの方が貼り終えた後に、もしくは、ひと月後に来られた際には、「このプレートすごいね」と言っていただけるので不思議なものです。

 

 

 

 

(効果には個人差があります)

巻き爪矯正の期間

ひと月に一回を目安にプレートの貼り換えをします。(成人の場合)

矯正期間は、爪の質や、巻き爪の状態、生活習慣により個人差があります。

1~3回の貼り換えで終わる場合もあれば、重症例では一年以上かかる場合もあります。

お電話で、「どれくらいで治りますか?」、「一回で治りますか?」という問い合わせをいただくことがあります。

しかし、お電話では答えたくても答えることができません。

それは、その方の爪の質や、巻き爪の状態、生活習慣がわからないからです。

巻き爪は生活習慣との関係が大きいため、巻き爪矯正をして巻き爪がよくなっても、しばらくすると再発する可能性もあります。

 

巻き爪矯正は再発防止が大切

私は、「身体」と「巻き爪」の専門家です。

単に巻き爪矯正をするだけではなく、爪の整え方に加えて、生活習慣指導、クツ・歩行指導など、様々な観点から巻き爪の再発を防止するように力を入れています。

巻き爪は進行していきます。

痛みが出てからではなく、気になりだしたら早めに処置することが大事です。

迷っている方はお気軽にご相談してください。

 

施術料金

巻き爪矯正

一本:5.000円

二本:9.000円

 

全身施術】(骨盤矯正含む)

初見料:2.000円

再見料:2.000円 ※最後の施術日から二か月経つと、再見料の対象です

施術料: 一 般  4.500円

    中学生まで 3.500円

 

交通事故保険取り扱い

お気軽にご相談ください

 

骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座      

お気軽にお問い合わせください。06-7176-6667完全予約制

受付時間
午前:9:00-12:00
午後:15:00-19:00 [ 土曜除く ]
お休み:水曜・日曜・祝日
bonza0105@gmail.com

ご予約/お問い合わせお気軽にお問い合わせください。