【ぎっくり腰】突然襲ってくる腰が抜けるような激しい腰痛、寝返りもうてない、そんなあなたに

こんにちは、豊中市蛍池の骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座です。

ぎっくり腰は「魔女の一撃」とも言われ、突然?、立てなくなるほどの強烈な腰の痛みを感じる、急性の腰痛のことを言います。

ぎっくり腰になったことのある人も多いでしょうし、なったことのない人でも、『ぎっくり腰』になったことのある人が一人や二人は周りにいるでしょうから、なんとなく症状は想像つくと思います。

 

ちなみに、私も年に一度はぎっくり腰になります。

ぎっくり腰になっても、仕事は休みませんし、ぎっくり腰になったからと言って、施術の精度が落ちることもありません。

ぎっくり腰になった時に、私がどんなことをしているかもお話していきたいと思います。

 

 ぎっくり腰はどんな時になるの?

ぎっくり腰になる時というのは、どんな瞬間かというと、

・中腰で重いものを持った時

・座っている姿勢から立ち上がった時

・急に姿勢を変えたとき

・顔を洗おうとした瞬間

・くしゃみをした瞬間

など

ぎっくり腰はいろんな状況で起こりますが、こうしてみてみると、無意識に体勢を変えた瞬間に起こっているのがわかると思います。

つまり、常に意識して動いていると、ぎっくり腰になるのを防ぐことができそうですが、どれだけ意識していても、ふと意識が抜ける瞬間というのはあります。

そして、そのぎっくり腰になる時は、その瞬間になってしまうため、「魔女の一撃」なんて言われ方をするのでしょう。

 

ぎっくり腰は突然なのか?

このように、一般的にぎっくり腰は、『突然』腰が痛くなる、と思われています。

上記のような状況は、生活をしていると普通に起こる状況だと思いませんか?

ほとんどの場合、普通であればぎっくり腰になりませんよね。

それでも、ぎっくり腰になる時はなる。

だから突然、と言われる、思われているのです。

 

でも、ぎっくり腰は突然ではない

ぎっくり腰だけでなく、腰痛も肩こりも、膝痛も、股関節の痛みも、最初に痛みを感じる時はすべて突然です。

そういった意味ではぎっくり腰も突然やってきますが、どんな痛みや違和感などの症状には、『原因』があります。

 

私も毎年、二回はぎっくり腰になる、と言いましたが、ぎっくり腰になるのはその前に必ずわかります。

どんな感覚かというと、通常の腰痛とは違って、腰が抜けそうに痛くなります。

これは私の感覚なので、あなたにそのままぴったりあてはまるわけではありません。

とはいえ、このようにぎっくり腰は突然起こるのではなく、事前に予兆があるんです。

 

ただ、一般的にはその予兆が、「ちょっと腰が痛いな」くらいに感じるため、ぎっくり腰の予兆だと気づかないことが多いようです。

ちなみに、この段階で適切に対処すれば、ぎっくり腰を防げるか、ぎっくり腰になっても重症化することを防ぐことができるでしょう。

私の場合は、なかなかそれをおさめるまで自分ではできないことと、仕事を休むわけにはいかないので、ある程度おさめてもまた異常が出てしまう。

という悲しい現実があります。

 

ぎっくり腰に対する対応

ぎっくり腰の時にしてはいけないこと

温めてはいけない

ぎっくり腰は、腰の中で炎症が起きています。

「炎」症というくらいですから、かなりの熱を持っています。

そのため、ぎっくり腰になった時は、絶対に腰を温めてはいけません

もちろんお風呂やシャワーも禁止です。

ニ、三日お風呂に入らなくてもなんてことはありません。

ぎっくり腰を悪化させるよりもよくないですか?

落ち着いてきたら、サッとシャワーを浴びる程度で、お風呂はまだダメです。

痛みがひいてきたら温めましょう、という話もよく聞くと思いますが、私の考えはそうではありません。

基本的に、『腰を温めていい時はない』と思っています。

(ぎっくり腰中でなければ、寒い中、長時間、外にいるときにカイロを使用するなどは構いません)

 

安静にしてはいけない

最近は少しづつ変わりつつありますが、ぎっくり腰だけでなく腰痛や膝痛になると、『安静』と言われることが一般的です。

痛いし動けないし、『安静』と言われるとついつい納得してしまいそうになりますが、骨折しているわけもないので、ぎっくり腰は立つこともできれば歩くこともできます。

(実は、骨折も動いている方が早く改善します。しかし、専門家の指導に従って行わないといけません。自己判断は禁物です。)

 

家族や知り合いのマッサージはダメ

先にも言いましたが、ぎっくり腰は『炎症』を起こしています。

その状態の腰をマッサージをしてしまうと、さらに炎症は進みますし、なにより、ぎっくり腰の時にうつぶせ寝をしてはいけません。

最悪の場合、その状態から起き上がることができなくなるので要注意です。

自己判断や友達に聞いたという処置をして悪化した、というのはよくあります。

自己判断で行わずに、専門家におまかせすることをおすすめします。

 

ぎっくり腰の時に行うべきこと

簡単に言えば、してはいけないことの逆のことをすることです。

私がぎっくり腰になった時も以下のことをしっかりと行い、悪化を防ぐ努力をしています。

ただし、無理をする必要はありません。以下のことを行う場合は、可能な範囲でゆるやかに行ってください。

 

氷でのアイシング

何度も言いますが、ぎっくり腰は『炎症』が起きています。

熱を持っているため、過剰になっている熱を取り除かねばなりません。

炎症が起きている間は痛みもとれませんし、改善までの時間も長くなりますので、炎症が取れるまでは一日中アイシングするくらいの意識でいることです。

 

アイシングというと、よく勘違いされるのが、「腰を冷やすんですね」ということです。

そういう考えもあると思いますが、凡座の目的はそうではありません。

アイシングの目的は『過剰な熱をとること』です。

必要なものでも、過剰になれば『』になります。

過剰なものは取り除く必要があります。

 

アイシングの方法

      

・必ず氷を使うこと

・氷のう、ビニール袋に、氷とごく少量の水を入れて空気を抜きます

・肌に直接つけ、ズボンやベルトで固定します

 直接では冷たすぎる、痛い、という場合は、ティッシュペーパーを一枚はさんでください

・アイシングの時間は最低20分間です

 完全に水になるまでつけていても問題ないので20分以上行ってもかまいません

・可能であれば、痛みの強い時期は一日中アイシングするくらいの気持ちで行ってください

 少なくとも、朝、昼、晩、寝る前くらいの四回はアイシングをする必要があります

 

安静にしない

・座らない、横にならない

 →なるべく立っていること

・じっとしていない

 →なるべく歩くこと(家の中でもいい)

・できる範囲で普段と同じ生活をする

 →掃除や愛犬の散歩といったことはさけるべきですが、極力普段と同じ生活をゆるやかに行うことです

 

ぎっくり腰になっても基本的には立てるし歩けますが、ぎっくり腰になりたてに行うことは痛いしつらいです。

それでも、座ったり、寝転んだりしているより、立って、歩いている方が改善までの期間は短くなります。

 

多くの場合、ぎっくり腰は腰の関節(骨盤)が緩んでいる状態になっています。

腰の関節が緩んだ状態で、座ったり、寝転んだりしていると、さらに腰の関節の「かたより」や「ゆがみ」ができたりしかねませんし、そうならなくても、改善する方向には力が働きません。

痛くても、つらくても立って、歩くことで、腰の関節は改善する方向に向かうため、凡座では積極的に立って、歩くことをおすすめしています。

 

専門家に任せる

自己判断や友達に聞いた、テレビで見た、ネットで見たことをそのまま行うことは、控えた方がいいです。

なぜなら、それらのことは、『あなたに合わせた方法ではない』からです。

この投稿もそうですが、色々なところでたくさんの情報が発信されています。

しかし、それらの情報は『あなたに合わせて発信されたもの』かどうかを吟味しなくてはなりません。

 

ですが、その見極めが的確にでいる人は少ないはずです。

なので、ぎっくり腰になってしまったら、信頼のできる専門家に任せることです。

医者だから信頼できる、医者でないから信頼できない、というのではなく、とても難しいですが、信頼のできる専門家を探してください。

今はネットでたくさんの方が発信をしています。

その内容をみて、信頼できそうかどうかを判断するのも一つです。

ぎっくり腰になってからではなく、調子が悪くなる前に、一度施術を受けてみて、判断するのも一つかもしれませんね。

 

私も何かの「方法」を発信するときは、なるべく誰に対しても使用できるものを発信するように心がけています。

本来は、直接あなたをみて、今のあなたに合うこと、必要なことをアドバイスするのがベストです。

凡座に来られた方にはそれができますが、ネットではそれができないため、腰痛体操のような運動はネットでは紹介しないようにしています。

 

ぎっくり腰に対する凡座の施術

ぎっくり腰は腰痛の一つですし、ぎっくり「腰」というくらいですから、腰(骨盤)に異常があるのは間違いありません。(腰だけの異常とは限りません)

腰(骨盤)は体の要(土台)です。

要となる土台に異常のある状態でささいなことが起こると、それが引き金となりぎっくり腰なるというわけです。

 

ぎっくり腰は骨盤の安定が必須

そのため、体の土台となる骨盤を安定させる必要があります。

凡座の骨盤矯正(整体)の方法は一種類ではありません。

ぎっくり腰の場合は、ベッドに寝れないことも少なくありません。

座った状態でも立った状態でも、あなたの状態に合わせて対応しますのでご安心ください。

 

ぎっくり腰は腰だけではない

ぎっくり腰はたしかに腰(骨盤)の異常が一番大きな要因です。

しかし、骨盤矯正(整体)をして腰の状態を安定させても十分でない場合もあります。

なかなか安定しない場合や改善度の少ない場合は、他の要因にも対処することになります。

他の要因としては、背骨や股関節などがあげられます。

 

まとめ

ぎっくり腰は症状としては重く、日常生活に大きく影響するため、あなたにとってもあなたの周りの方にとっても、よくなるまでの期間はとてもしんどいものです。

腰に痛みのない何気ない日常がどれだけ幸せか実感するときでもあります。

 

ぎっくり腰になる私が言うのも説得力に欠けますが、日ごろから腰を良い状態で保つことが、何よりのぎっくり腰予防です。

今までにぎっくり腰になったことのある方もそうでない方も、腰(骨盤)の安定を保つように心がけてくださいね。

 

・普段から歩く癖をつける

・電車に乗っても座らない

・エスカレーターではなく階段を利用する

・床に座らずイスに座る

・姿勢に気を付ける

など

できる事はたくさんあります。

 

しかし、それでもぎっくり腰になる時はなります。

そうなったときは、専門家に任せてください。

 

一人で悩まず、一緒に取り組んでみませんか?

 

体験談

ぎっくり腰で来られた方のお声

腰痛で来られた方のお声 その1

腰痛で来られた方のお声 その2

腰痛で来られた方のお声 その3

腰痛で来られた方のお声 その4

腰痛で来られた方のお声 その5

腰痛で来られた方のお声 その6

腰痛で来られた方のお声 その7

腰痛で来られた方のお声 その8

坐骨神経痛で来られた方のお声

体のゆがみ調整で来られた方のお声 その1

体のゆがみ調整で来られた方のお声 その2

体のゆがみ調整で来られた方のお声 その3

【骨盤矯正(整体)】について

【腰痛】について

 

施術料金

全身整体(骨盤矯正含む)

初見料:2.000円

再見料:2.000円 ※最後の施術日から二か月経つと、再見料の対象です

施術料: 一 般  4.500円

    中学生まで 3.500円

 

 

予約受付は電話、メール以外にも、 ご予約/お問い合わせフォームがあります。

24時間受付可能ですのでご活用ください。

凡座では施術だけでなく歩行指導、運動指導、日常生活指導、食養生など、再発防止に力を入れています。

お気軽にお問い合わせください。

完全予約制

06-7176-6667

ご予約/お問い合わせフォーム

メールはこちら

アクセス:大阪府豊中市蛍池北町1-2-22

受付時間/料金案内

休業日のお知らせ

豊中市 阪急蛍池駅 徒歩5分

骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座

●凡座の紹介/プロフィール

●体験談/喜びの声

●初回時の流れ

●骨盤矯正について

●巻き爪矯正について

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA