【肩こり】の症状に悩み、マッサージ、体操などで解消しないあなたに

こんにちは、豊中市蛍池の骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座です。

肩こりとは

今や『肩こり』は「腰痛」と並び、立派な?国民病と呼ばれるまでになりました。

 

日本人にとても多い『肩こり』でお悩みの方、これだけ整骨院、鍼灸院、整体院、リラクゼーションサロンが乱立するこの時代に、国民病と言われるということは、改善していないということです。

凡座に『肩こり』改善が主な理由で来られ、継続的に施術を続けている方に、「今も『肩こり』が気になる」という方はおられません。

それは、「肩こりがまったくない」という方もいれば、「肩こりを感じることもあるが、気になるほどでもない」とか、「肩こりを感じてもしんどくない」、「肩こりが長引かない」という意味です。

今回はそんな『肩こり』を取り上げます。

 

肩こりの症状

肩こりに症状はありません

「肩こりの症状」と、書いておいていきなりなんだ?

と思われたかもしれませんが、「肩こり」というのは「症状」であって病名ではないので、「肩こり自体が症状」というわけです。

とはいっても、「肩こり」と一言で言っても、感じ方は人それぞれ違います。

・肩の筋肉が硬くなって、肩が重い、鈍い痛みがある

・首筋が硬くなって、鈍い痛みがある、動かしにくい

・背中から腕にかけて、張り感が強い、鈍い痛みがある

・肩こり、首こりがひどくなると、頭痛がする、吐き気がする

などと、様々です。

 

一般的な肩こりの原因

一般的に言われている肩こりの原因は、

・デスクワーク、パソコン、スマホ、ゲームなどの長時間作業

・目の疲れ(眼精疲労)

・不良姿勢(猫背や前かがみなどのよくない姿勢)

・運動不足(筋肉疲労、血行不良)

・ストレス、過度な緊張の連続

など

 

一般的な肩こりの治療

一般的に行われている肩こりの治療、施術は、

・マッサージ

・ストレッチ

・体操

・電気治療

・薬、注射、湿布

・整体、カイロプラクティック

など

 

肩こりは理解されていない

これだけの治療法や施術法がありながら、腰痛同様に国民病になっているのが『肩こり』です。

ではなぜ、『肩こり』で苦しむ方が減らないのでしょうか?

それは、『肩こり』というものが「理解されていない」からだと、私は考えています。

それは、『肩こり』で苦しむ方が理解していないのではなく、理解している施術者が少ないのです。

 

凡座の考える肩こりとは

それでは、そんな『肩こり』を凡座はどう考え、どう理解しているのか。

肩こり、首こりとは、肩や首、背中の筋肉が硬く張っている状態ですが、「筋肉が張る」とはどういう状態だと思いますか?

筋肉は関節をまたいで、骨から骨に付いています。

「筋肉が張る」、というくらいですから、筋肉は伸びているか、引っ張られている状態ですよね。

関節が正常な位置にあれば、その周辺の筋肉は伸びることもなければ、引っ張られることもありません。

しかし、関節が正常な位置になければどうでしょう?

関節がねじれたり、骨と骨が離れた状態になれば、骨に付いている筋肉は伸ばされたり、引っ張られた状態になりますよね。

そうして、肩や首まわりの筋肉が硬く張った状態がいわゆる『肩こり』です。

これが、凡座の考える『肩こり』、そして『肩こり』の原因です。

 

肩こりがなおらない訳

肩こりの原因が、関節の異常であるため、関節の異常を戻さなければ、根本的に肩こりがよくなることはありません。

それどころか、伸ばされた筋肉を、マッサージやストレッチなどで筋肉を押したりもんだり、伸ばしたりするということは、筋肉はさらに伸ばされたり、引っ張られるということです。

そうなると、その時は気持ちが良くても、筋肉にとってはストレスとなりますので、しばらくすると筋肉はさらに張って硬くなります。

習慣的にマッサージを受けていると、以前のマッサージではこたえなくなり、だんだん強いマッサージ求めるようになっていませんか?

それは、それだけ筋肉が硬くなり、もっと強い刺激でないと、こたえなくなっているのです。

 

凡座の肩こりに対する施術

あなたの『肩こり』がどこから来ているのか、施術の前に、生活習慣や今までのケガなどを確認することから始まります。

そして、肩や首だけでなく、全身のつながりとしてみていく必要があるため、体の基本となる部分の関節の検査、チェックを行います。

検査が終わりましたら、あなたの現在の体の状態をわかりやすく説明をして、施術にはいります。

 

施術は、異常のある関節を、一番根本となる関節から順番に関節異常(ゆるみやねじれなど)を取り除いていきます。

意外かもしれませんが、『肩こり』に対する施術であっても、肩や首に異常がない場合もあります。

その場合は、肩や首はさわりませんし、さわっても一番最後に少しさわる程度です。

 

「必要のないこと」はしない

肩こりに限った話ではなく、凡座ではあなたに必要のないことは一切しません。

・時間稼ぎの施術

・リラクゼーション行為

・意味のないテーピング

など

 

凡座でも施術後にテーピングを貼りますが、必要最低限です。

テーピングはとても有効なものですが、たくさん貼れば良いというものではありません。

リラクゼーション行為が良くない、ということではなく、凡座ではしません、という意味です。

リラクゼーションが目的の場合は、凡座では対応できません。

 

まとめ

『肩こり』というのは、どこか身近な存在ではありますが、多くの方を苦しめている存在です。

今現在、『肩こり』に苦しみ、どこに行っても、何をしてもよくならなかったという『あなた』は、まだしていないこと、受けていないことがあるのかもしれません。

・関節の異常を取り除くこと

・日常生活習慣の改善

 

『肩こり』という悩みから解放された人たちのように、あなたも『肩こり』の悩みから解放されてください。

 

 

予約受付は電話、メール以外にも、 ご予約/お問い合わせフォームがあります。

24時間受付可能ですのでご活用ください。

凡座では施術だけでなく歩行指導、運動指導、日常生活指導、食養生など、再発防止に力を入れています。

お気軽にお問い合わせください。

完全予約制

06-7176-6667

ご予約/お問い合わせフォーム

メールはこちら

アクセス:大阪府豊中市蛍池北町1-2-22

受付時間/料金案内

休業日のお知らせ

豊中市 阪急蛍池駅 徒歩5分

骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座

●凡座の紹介/プロフィール

●体験談/喜びの声

●初回時の流れ

●骨盤矯正について

●巻き爪矯正について

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA