【踵骨棘】かかとの痛み、放っておけばそのうち良くなる… なんて思っていませんか?

こんにちは、豊中市蛍池の骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座です。

踵骨棘(しょうこつきょく)とは

踵骨棘(しょうこつきょく)の症状

・朝起きて足をつくと、かかとが痛い

・かかとを押すと鋭い痛みが出る

・歩くとかかとに痛みがあり、かかとを地面につけられない

などの症状がある場合、踵骨棘(しょうこつきょく)という状態の可能性があります。

 

一般的な踵骨棘(しょうこつきょく)の原因

・足の裏にある筋肉の膜が引っ張られることで、その膜がついているかかとの骨にトゲ(棘)ができる

 →画像の一番ピンク色が濃くなっているところの上についている小さな白い突起

・扁平足や、足の甲の変形によって、踵の骨が重心がかかりトゲができる

・その他には、外反母趾、ハイヒール、肥満、加齢、過度な運動などが原因と言われています。

 

一般的な踵骨棘(しょうこつきょく)の治療方法

整形外科では

・ステロイド注射

・痛み止めの薬の処方

・手術

・電気治療

・テーピング、インソールなど

整骨院では

・マッサージ

・電気治療

・ストレッチ

・テーピング、インソールなど

一般的に、踵骨棘(しょうこつきょく)にはこれらのことが行われています。

 

踵骨棘の原因に納得しましたか?

あなたは上記に書いた、一般的な踵骨棘(しょうこつきょく)の原因について、納得できたでしょうか?

私は上記の原因を見て、「?」が浮かびました。

 

加齢や肥満は、私が今までみてきた踵骨棘(しょうこつきょく)と思われる方々を思い返すと、おそらく原因ではないと思います。

その他の、筋肉の膜がかかとの骨を引っ張った、扁平足、足の甲の変形、外反母趾も含めて、踵骨棘(しょうこつきょく)ができる以前に、そういった状態になっているということは、すでにその時点で『異常』だと思いませんか?

 

踵骨棘の原因には、そのまた『原因』がある

足の裏の筋肉が引っ張られるのは、その筋肉がついているかかとの骨自体が引っ張られているか、その骨がズレているかです。

そうなると、その骨はなぜ引っ張られたり、ズレているのか?

という疑問が出てきますよね。

疑問が出てきたら、またその疑問を考え、解決していけばよいのです。

 

そうなると、上記の踵骨棘(しょうこつきょく)に対する治療法にも、「?」が浮かんできませんか?

そうなんです、根本的な原因が踵骨棘(しょうこつきょく)にないのであれば、踵骨棘(しょうこつきょく)に対してだけ治療、施術しても、踵骨棘(しょうこつきょく)は改善しません。

その大元の問題から解決していかなければ、一番最後に症状としてあらわれている踵骨棘(しょうこつきょく)の症状は根本的に解決できないのです。

 

踵骨棘は治療してもしなくても同じ?

そのため、色々なサイトを見ていると、踵骨棘(しょうこつきょく)が改善するまでの期間が、3か月から半年、などと長期間になっているのでしょう。

上記の期間は治療しての期間ですが、サイトによっては、「3か月から3年で自然治癒するのでゆっくり回復を待ちましょう」などと、驚くようなことも書かれていました。

ゆっくり回復を待つというのにも驚きますが、治療しての期間と自然治癒の期間が変わらないというにも驚きですね。

 

踵骨棘に対する凡座の処置とは

まず、大前提として、凡座で行うのは、『踵骨棘(しょうこつきょく)に対する処置ではありません』。

先にふれたように、踵(かかと)に痛みの出ている、『原因の「大元の原因」』に対して処置をします。

そして、最終的に踵の痛みが残るようであれば、踵に対する処置を行います。

それでも、凡座で行うのはあくまでも踵の処置であり、踵骨棘(しょうこつきょく)の処置ではありません。

 

かかとの痛みで苦しんでいるあなたに対して、「3か月から3年で自然治癒します。それまであせらず待ちましょう」、なんてことは決して言いませんので、ご安心ください。

 

まとめ

痛みや違和感はでているその部分に問題があるとは限りません。

きちんと大元の原因を探し、根本的な解決を目指したいですね。

 

シャツのボタンを一つズレて留めてしまったとき、あなたなら、ズレた一番下だけをなおしますか?

それとも、『大元の原因である、一番上のボタンの掛け違え』からなおしますか?

 

 

予約受付は電話、メール以外にも、 ご予約/お問い合わせフォームがあります。

24時間受付可能ですのでご活用ください。

凡座では施術だけでなく歩行指導、運動指導、日常生活指導、食養生など、再発防止に力を入れています。

お気軽にお問い合わせください。

完全予約制

06-7176-6667

ご予約/お問い合わせフォーム

メールはこちら

アクセス:大阪府豊中市蛍池北町1-2-22

受付時間/料金案内

休業日のお知らせ

豊中市 阪急蛍池駅 徒歩5分

骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座

●凡座の紹介/プロフィール

●体験談/喜びの声

●初回時の流れ

●骨盤矯正について

●巻き爪矯正について

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA