【片頭痛】定期的に頭痛がしてつらい、というあなたに

こんにちは、豊中市蛍池の骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座です。

片頭痛(へんずつう)とは

片頭痛(へんずつう)の症状

・こめかみのあたりがズキンズキンと痛む(片側、両側)

・吐き気、光や音、においに敏感になる

・動くと痛い

・それらの症状が数時間から数日続く(4~72時間)

・頭痛が出る前に、前兆がある場合と、ない場合がある

 前兆とは、キラキラした点や光が見えたり、目の前がまぶしくて見づらくなったりする

・これの症状が月に数回起こる

・20~40代の女性に多く、男性の4倍とも言われています

・マッサージやお風呂に入ると悪化する

・ニンニク料理、赤ワインなどを飲食すると悪化する

など

 

一般的な片頭痛(へんずつう)の原因

・何らかの原因で頭の血管が拡がるため

・その影響で脳の神経(三叉神経)が刺激を受け、血管の周りが炎症を起こすため

・ストレスを受けることにより、脳が血管を拡げる物質を出すため

・睡眠不足やホルモンバランスの変化

などと言われています。

 

一般的な片頭痛(へんずつう)の治療

・痛み止めの薬

・鍼灸

・整体

・マッサージ(悪化要因ですが、まだまだしているところはあります)

・生活習慣の改善

・アイシング(冷却)

・安静

など

 

片頭痛は生活に支障が出る

片頭痛でくるんでいる方で、日常生活に影響が出ているという方は多いです。

部屋を暗くして横になり、安静にして片頭痛がおさまるまでじっと耐える。

主婦の方であれば、頭痛がおさまるまで家事や育児はできませんし、お仕事をしている人であれば、仕事を休まなければならない時もあるほどです。

そうなると、周りの人の助けを借りるため、精神的に負担を感じる方もいます。

 

絶対に見逃してはいけない頭痛

ここで、片頭痛の話ではありませんが、とても大事なこととして、『絶対に見逃してはいけない頭痛』についてふれておきます。

どんな頭痛かをとても分かりやすく言うと、

命にかかわる頭痛』です。

 

そのため、以下の症状の人に出会った際は、ちゅうちょすることなく救急車読んでください。

一刻を争う事態です、迷わず119番してください。

 

命にかかわる頭痛とは

命にかかわる頭痛は、命にかかわる疾患、病気の症状としてあらわれる頭痛です。

くも膜下出血、脳内出血、脳腫瘍などが原因疾患、病気です。

以下のような症状がでますので、覚えておくと、自分だけでなく誰かの命を救えるかもしれません。

 

命にかかわる頭痛の症状

・今までに経験したことのない痛み

・突然、バットで殴られたような痛み

・痛みがだんだん強くなる

・ろれつが回らない

・手足がしびれる、動かせない(マヒ)

・高熱、吐き気、嘔吐、けいれんを伴う

など

 

しつこいようですが、これらは命にかかわるため、もし身近で起こった場合にはためらうことなく救急車を呼んでください。

救急車を呼ぶくらいですので、これらの頭痛は、凡座では対応できません。

 

片頭痛も大元が大事

それでは片頭痛の話に戻りましょう。

片頭痛は一般的には上記のような原因で起こり、それに対して、血管の拡がりを抑えるような薬などで治療するのが一般的です。

しかし、薬で血管の拡がりを一時的に抑えたとしても、「血管が拡がる原因が残っていたら?

薬の効果がなくなればまた痛みが出てきますよね。

それに、何年も薬を飲み続けたくない、という声もよく聞きます。

そのため、片頭痛も、「片頭痛という症状を出している大元」をどうにかしなければいけません。

 

片頭痛は原因不明?

片頭痛、頭痛ともに、命にかかわる頭痛以外の頭痛の多くは原因不明とされています。

でも、それでは根本的な対応はできません。

そのため、一般の頭痛治療というのは対症療法になってしまうのでしょう。

 

自分が治療を受けるとしたら、対症療法ではなく、原因療法が良いと思いませんか?

それが「根本療法」であれば、言うことはないでしょう。

 

凡座の片頭痛に対する考え方

そんな、多くの頭痛、片頭痛が原因不明と言われていますが、これとは別に、原因不明頭痛の多くは、首の背骨(頸椎)の異常とも言われています。

首の骨と頭とたしかにつながってはいるが、どういう関係で?

と思いますよね。

そっと首に手をあてると脈に触れると思います。

これは首の動脈(総頚動脈)なのですが、この動脈はそのまま首の横側を頭の方に上り、頭の中や外に枝分かれをしていきます。

そして枝分かれせずにまっすぐ上に伸びたこめかみあたりの血管が拡がり、ズキンズキンと脈打つような頭痛を引き起こす血管(浅側頭動脈)なのです。

 

首の骨(頸椎)はとても大切

首の骨は7つの積み木のような状態です。

それが前後左右、斜めなどにズレを起こすと、その横を走っている血管も影響を受けます。

血管は上に行けば行くほど細くなります、そして影響を受けた部分の血管は流れが悪くなるため、先へ行けば行くほどさらに流れが悪くなります。

しかし、頭、脳には大量の血液が必要です。

そのため、一生懸命、先に血液を送ろうとするため血管は強く脈を打って血液をさらに奥まで送り出すということです。

 

また、頭にはたくさんの神経が走っていますが、首の骨(頸椎)と頭の骨にも密接な関係性があり、首の骨に異常が出ると同調して、以上の出た首の骨に相当する頭の部分にも影響が出ます。

その影響は、頭痛などの痛みのこともあれば、顎関節症や、鼻づまり、耳鳴りなどの症状として現れることもあります。

 

凡座の片頭痛に対する処置

ここまで、首の骨話をしてきましたが、片頭痛の直接の大元であるのは首の骨ではなく、首の骨の付け根です。

なので、首の付け根をきちんとおさめる必要があります。

しかし、ここで一つの疑問が出てきます。

なぜ首の付け根に異常が起きたのか?という疑問が。

 

細かくなりすぎるのでこれ以上は書きませんが、凡座の処置というのは、なぜここに異常が起きたのかということを一つ一つ探っていき、わかる範囲の一番の根本から順序だてて処置をしていきます。

処置は、素手と安全な器具を使用して、異常のある関節を「今のあなた」の状態に合わせて無理なく動く(自然な動き)位置にやさしく戻していきます。

以前は、首の骨をボキボキするような行為や、ストレッチでも派手なパフォーマンスで強引な行為がテレビでも数多くの番組で取り上げられていました。

これらは『行為』であって、治療でもなければ我々が行うような施術でも、処置でもないと、私は思っています。

体の不調を改善させるための処置が、体に負担を与えるものであってはいけない。

というのが、凡座の考えです。

 

まとめ

日常生活に使用をきたすほどのつらい頭痛、片頭痛。

薬でのコントロールを続けますか?

安静にして嵐が通り過ぎるのを待ちますか?

 

あなたの大切な身体を根本から見つめなおし、たまに頭痛があっても軽いもの、期間の短いものにおさえる。

まずはそういう状態にもっていき、徐々に頭痛のつらさから解放していきませんか?

凡座はそんな方を全力で応援しています。

 

 

予約受付は電話、メール以外にも、 ご予約/お問い合わせフォームがあります。

24時間受付可能ですのでご活用ください。

凡座では施術だけでなく歩行指導、運動指導、日常生活指導、食養生など、再発防止に力を入れています。

お気軽にお問い合わせください。

完全予約制

06-7176-6667

ご予約/お問い合わせフォーム

メールはこちら

アクセス:大阪府豊中市蛍池北町1-2-22

受付時間/料金案内

休業日のお知らせ

豊中市 阪急蛍池駅 徒歩5分

骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座

●凡座の紹介/プロフィール

●体験談/喜びの声

●初回時の流れ

●骨盤矯正について

●巻き爪矯正について

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA