【腰痛】腰の痛みや違和感に慣れてしまい、腰痛改善をあきらめていませんか?

こんにちは、豊中市蛍池の骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座です。

腰痛とは

『腰痛』は、統計上の日本人の自覚症状第一位、誰もが経験のある痛みの代表格であり、国民病の一つとされています。

『腰痛』、これだけでは病名ではなく、「腰の痛み」という症状であり、様々な痛みの出方があり、その範囲は広いです。

背中の痛み(背部痛)、お尻の痛み(臀部痛)、足の痛み(坐骨神経痛)も『腰痛』と表現する方も少なくありません。

 

腰痛の症状

・腰の痛み(鋭い痛み、鈍い痛みなど)

・動くと痛い、動かなくても痛い

・腰がだるい、重い

・腰が固まったように痛い

・腰が抜けるように痛い

・寝返りが打てない

・腰が痛くて歩けない

・腰が痛くて寝起きができない、困難

・動いていると腰が楽、横になっていると腰が楽

・背中、おしり、足の方にまで痛みがある

など、書ききれないほど、人によって『腰痛』は様々です。

 

腰痛の種類

・いわゆる「普通の腰痛」

・ぎっくり腰(急性腰痛症)

腰椎椎間板ヘルニア

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

・腰椎圧迫骨折

・腫瘍(しゅよう)、尿路結石などの内臓疾患

・転倒、ケガや事故、スポーツ障害によるもの

・運動不足、長時間の同じ姿勢、作業、ストレスなどによるもの

など

症状が様々ということは、種類も様々、そして原因も様々あるということです。

 

腰痛の原因、それは『不明』??

厚生労働省の統計によると、腰痛の85%は原因不明となっています。

この統計からすると、「日本人の自覚症状第一位である腰痛」の中で、原因のわかっている腰痛は15%しかない、ということです。

しかし、私はこの数字を信じていません。

おそらく一般的に原因のわかっている腰痛は、さらに少なく10%以下なのではないでしょうか。

 

なぜなら、原因がわかっている15%のうち、約10%は腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症だからです。(理由は次の項目でかんたんに説明します)

そして、残りの5%は圧迫骨折、腫瘍、尿路結石などの内臓疾患が原因とされています。(実際にはここにもある疑問が出てくるのですが…)

つまり、この統計からわかるのは、特別な腰痛を除けば、通常、あなたや、みなさんが感じている腰痛というのは、一般的に『ほぼすべての腰痛が原因不明』、ということです。

 

腰椎椎間板ヘルニアとは

『腰椎』とは、背骨の腰の部分のことで、ブロック状に並んでいる

『椎間板』とは、腰椎と腰椎の間にあるクッションのような軟骨部分

『ヘルニア』とは、何かがあるべき場所から飛び出している状態のこと

つまり、腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎にある椎間板から、何かが飛び出している状態のこと

腰椎椎間板ヘルニアの症状は、腰、おしり、足にかけて痛みやしびれ、足の力が入りにくいなど

 

【腰椎椎間板ヘルニア】について

 

腰部脊柱管狭窄症とは

『腰部』とは、腰のこと

『脊柱管』とは、脊髄(せきずい)を守るために、24個すべての背骨(脊柱)で作られた空間のこと

『狭窄』とは、狭くなること

つまり、腰部脊柱管狭窄症とは、脊髄が通る脊柱管の腰の部分が、何らかの原因で狭くなっている状態のこと

腰部脊柱管狭窄症の症状は、腰の痛み、足の痛みやしびれ、特徴的なのが歩くとそれらの症状が強くなり休まないと歩き続けることができなくなること(間歇性跛行)など

 

【腰部脊柱管狭窄症】について

 

腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症の診断

通常、整形外科では、腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症の診断は、主にX線検査(レントゲン)、MRI検査、CT検査などの画像診断によって行われます。

腰椎椎間板ヘルニアの場合は、椎間板から髄核というものが飛び出していて、その飛び出した髄核が脊髄を「圧迫」し、「脊髄が細く」なっているかどうか。

 

腰部脊柱管狭窄症の場合は、脊柱管が何らかの原因で狭くなり、脊髄を「圧迫」し、「脊柱管が細くなり脊髄が細く」なっているかどうか。

それぞれ、それらを確認できれば、腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症が多くの場合、診断されます。

 

腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症の真実?

しかし、本当にあなたの苦しんでいる腰痛は『脊髄が「圧迫」されて』出ている症状なのでしょうか?

というのは、腰痛のない人でもX線検査(レントゲン)、MRI検査、CT検査などの画像診断をすると、いわゆる『腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に見られる脊髄が細くなる』現象が出ることが少なくないのです。

どれくらいの確率かというと、腰痛を感じていない大人を対象にX線検査(レントゲン)、MRI検査、CT検査などの画像診断をしたところ、腰痛を感じていない大人の約7割から8割の人に、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの状態が見られたという研究報告があります。

この研究がされたのが1990年代のことなので、現在はさらに増えているかもしれません。

なので、本当に腰痛を引き起こしている原因なのかはっきりしないのです。

 

一般的な腰痛の治療

外科的なものは除き、保存療法は以下が一般的です。

・薬物療法(痛み止め、筋肉を柔らかくする、抗うつ薬、漢方、神経ブロック注射など)

・運動療法(水中歩行、リハビリなど)

・手技療法(鍼灸、マッサージ、整体など)

・物理療法(温める、冷やす、電気治療など)

・けん引療法(腰のけん引)

・装具療法(サポーターなど)

・体重管理などの生活習慣の改善

など

 

あなたの腰痛は本当に原因不明なのか?

9割近くの腰痛が原因不明ということであれば、『あなたの腰痛は残りの1割』なのか?

気になりますよね。

 

私の考える結論は、『原因不明ではない』可能性が限りなく高い、ということです。

100%断言することはできないので、限りなく高いと言いましたが、基本的には必ず原因があります。

しかし、それは残りの1割、という意味ではありません。

原因不明の腰痛と言われているものの多くが、そうではない可能性が高いということです。

誰がどう考えても8割以上の『腰痛が原因もなく出ている』とは思えませんよね。

 

凡座の考える腰痛の原因とは?

それでは、腰痛が起こる原因とはいったい何なのでしょうか?

腰が痛いのですから、腰(骨盤)に問題がある可能性が高いことは想像がつきます。

通常関節が痛いときは、捻挫(足首の捻挫など)をしたり、炎症(関節炎)が起きています。

腰痛も同じように骨盤の関節が捻挫を起こし、炎症が起きていると考えるのが普通です。

捻挫とは、レントゲンに写らないごくわずかな『関節のズレ』のことです。(関節異常)

つまり、骨盤(仙腸関節)の関節異常が、腰痛の大きな原因の一つということになります。

痛みの出ている場所によっては、腰椎(背骨の腰の部分)など骨盤以外の原因もあります。

 

凡座の腰の痛みに対する施術とは

骨盤(仙腸関節)の関節異常が、腰痛の原因と考えることは、何も特別なことではありません。

凡座以外でも仙腸関節の異常を戻す施術を行っているところは、数多く存在します。

しかし、それぞれの先生によって関節異常や仙腸関節のズレに対する考え方、見方が大きく違います。

そのため、仙腸関節に対する施術の方法も大きく違うのです。

 

凡座の骨盤矯正

レントゲンに写らないほどのわずかな関節の異常ですから、強い力でグイッと押したり、引っ張ったり、ボキボキバキバキ手荒な施術をしてしまうと、関節異常を戻しているのか、そうでないのかわからなくなってしまいます。

また、関節を動かしたり揺らしながら行う骨盤矯正もありますが、凡座の骨盤矯正は「それ」とも違います。

意識的に関節の異常を戻そうというのではなく、関節が自然に適切な位置に戻るようにもっていってあげるイメージです。

 

凡座の骨盤矯正を言葉にすると、

スイッチを押す

ことです。

 

【骨盤矯正】とは

 

スイッチを押す?

「なんのスイッチやねん!」と、ツッコミが入りそうですが、そういうことなんです。

当然ですが、体自身は私たちの意識以上に、『自分自身の関節の適切な位置』というのを知っています。

なので、その記憶している適切な場所に関節が戻るように、「スイッチを押す」のが私の仕事です。

「スイッチを押す」とは、『関節異常が正しい位置に戻るきっかけを作る』ということです。

 

言葉にすると単純で簡単そうですが、目に見えるものでもなく、10人いれば10人それぞれの関節の形があり、関節の異常の出方も一種類というわけではありません。

しかし、今まで、まったく処置、施術ができなかった腰痛の人は一人もいませんので、そこはご安心ください。

ただ、凡座では、まったく原因のわからない症状や状態、判断のつかないものについては、その場では処置、施術を行いません。

そういったものも、経過を見ていく中で、原因が明らかになってきますので、その時点で処置、施術を行います。

 

まとめ

あなたの大切な身体です。

凡座では、「適当に」、「ただなんとなく」、「よくわからないけど」、「とりあえず」、「ほかの人でうまくいったから」、「腰痛にはこのやり方で」、「気持ちがいいから」、「時間が長い方が」といった無責任な施術は行いません。

そして、マッサージなどのリラクゼーション行為(マッサージがリラクゼーション行為が良くないと言っているわけではありません)や電気療法なども行いません。

あなたの体の今の状態をきちんと確認し、その状態に合わせた施術しか行いません。

 

なので、『本気で自分の体を何とかしたい』という方以外は、凡座には合いません。

「一回の施術でなおらないの?」とか、「生活習慣指導を守る気がない」、「とにかく腰や肩をしっかりもんで」という方はご遠慮ください。

自分の体を大切に思い、しっかり自分の体に取り組める、という方にこそ、凡座の骨盤矯正、関節矯正は合います。

『身体が発している不調の原因を根本から見直し、快適な毎日を送りたい』、凡座はそんなあなたを真剣にサポートしていきます。

 

 

予約受付は電話、メール以外にも、 ご予約/お問い合わせフォームがあります。

24時間受付可能ですのでご活用ください。

凡座では施術だけでなく歩行指導、運動指導、日常生活指導、食養生など、再発防止に力を入れています。

お気軽にお問い合わせください。

完全予約制

06-7176-6667

ご予約/お問い合わせフォーム

メールはこちら

アクセス:大阪府豊中市蛍池北町1-2-22

受付時間/料金案内

休業日のお知らせ

豊中市 阪急蛍池駅 徒歩5分

骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座

●凡座の紹介/プロフィール

●体験談/喜びの声

●初回時の流れ

●骨盤矯正について

●巻き爪矯正について

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA