【五十肩】肩が痛くて痛くてたまらない、腕が上がらない、五十肩は突然?やってくる

こんにちは、豊中市蛍池の骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座です。

五十肩とは

五十肩、四十肩と一般的に言われてますが、これらは病名ではなく症状に五十肩、四十肩、凍結肩などという名前を付けたものです。

医学的には、肩関節周囲炎と言いますが、肩関節周囲炎も総称で、上腕二頭筋長頭腱炎、石灰沈着性腱板炎、肩峰下滑液包炎などがあります。

40代、50代に多いことからこの名前が付けられていますが、20代、30代、60代、で五十肩になることも少なくありません。

 

五十肩の症状

・肩、腕を動かすと強い痛みが出る

・腕が上がらない

・服の着替えが困難、歯磨きができない、洗濯物を干せない

・髪を結えない、エプロンのひもを後ろで結べない、などの日常生活に支障がでる

・夜寝ているとズキズキ痛む、ひどくなるとうずいて眠れない

など

 

五十肩の症状は、突然出ることもあれば、肩の違和感が続いていて徐々に五十肩になるなど、個人差があります。

 

一般的な五十肩の原因

・医学的には原因不明

 →なので、以下は「原因」ではなく「結果」です

・肩の関節のまわりを支えている筋肉や靭帯、関節を包む膜が硬くなる(関節拘縮)

・肩の関節の周りの腱(筋肉が骨に付いている部分)が炎症を起こした(上腕二頭筋長頭腱炎)

・肩の関節の周りの腱板(筋肉や腱など)にカルシウムなどが沈着した(石灰沈着性腱板炎)

・肩の関節の周りを包む膜が炎症を起こした(肩峰下滑液包炎)

など

 

五十肩の段階

五十肩は、一般的に発症してから治るまで半年から1、2年とされています。

そして、その間は・急性期 ・慢性期 ・回復期の三つの時期に分かれます。

 

・急性期

五十肩の症状の出始め、肩の周りの炎症や、筋肉、靭帯などが硬くなり、痛みの強い時期

動かしても動かさなくても強い痛みがあり(個人差あり)、約1~2か月ほどの期間

 

・慢性期

急性期を経て、強い痛みがひいてくると慢性期に入ります

痛みはまだ残り、肩の関節の動きは固まったような感じになり、動かしたときの痛みは強いです

この時期が長いと、肩の関節の固まりも強くなり、肩回りの筋肉も痩せはじめます

 

・回復期

痛みや違和感が薄まり始め、肩の動きもやわらぎはじめると回復期に入ります

慢性期に比べると肩の関節の動く範囲が広がるので、気持ちも前向きになり始めます

五十肩が症状が出てから早くて3か月~1年くらいの間に回復期に入ることが一般的です

 

一般的な五十肩の治療

・痛み止めの薬、湿布、注射(消炎鎮痛剤、ステロイド注射、ブロック注射)

・体操などの運動療法

・ホットパックやマイクロ波などの温熱療法

・低周波治療器などの電気治療

・氷、冷却材を使用したアイシング

・鍼灸、マッサージ、整体

など

 

凡座の考える五十肩の原因

一筋縄ではいかない五十肩

五十肩というのは症状も強く、治療、施術も難しく、なおるまで時間もかかります。

五十肩はなかなか一筋縄ではいかないのです。

それには、二つの大きな理由があります。

それは、

・急性期、慢性期、回復期の三期に分かれていること

・肩の関節の構造上の問題

の二つです。

 

一つ目は、三つの段階を踏んで改善していくため、それだけ期間がかかります。

たまに、五十肩が一度でなおったとか、数回でなおった。

ということを聞くことがありますが、それは「五十肩ではなかった」か、「すでに五十肩がなおる直前だった」というのが大半です。

二つ目の肩関節の構造上の問題、というのは、その他の関節と比べて「肩関節は特別な関節」であるということです。

 

肩関節は特別

肩関節は一番上の青色の丸で囲まれた部分『一つの関節』だと思われるでしょうが、実際にはこの周囲に5つの関節があり、それを総称して『肩関節』と呼んでいます。

凡座ではさらに、5つの肩関節に関連する関節として、さらに5~7つほどの関節も含めて、『肩関節』を考えています。

 

また、『肩関節』は「自由度が高い」という言い方をしますが、関節の中で一番動きの大きな関節であり、さらには肩から腕がぶら下がっているため、常に腕の重さの分、肩の関節は引っ張られている状態です。

そのため、他の関節と比べて施術が難しく、安定しにくいのです。

 

五十肩は、肩関節が戦っている姿?

イメージしてみてください。

上向きに刺さっているこのボルトが、ゆるんでグラグラになっているのを。

あなたならゆるんだボルトをどうしますか?

 

当然、ゆるんだままにせずボルトを締めますよね。

しかし、我々の体はとてもよくできていますが、ゆるんだ肩関節を自然に元に戻すことはできません。

しかし、腕がぶら下がっているためゆるんだまま放置するわけにはいきません。

もしゆるんだボルトを締めることができなければ、

・接着剤で固めてしまう(石灰化)

ボルトが何かで覆われていた場合なら、

・これ以上ゆるまないように覆われている何かを固めてゆるまなくさせる(関節拘縮)

・覆っているモノも引っ張られるため、刺激を受けやすく炎症を起こす(腱炎、滑液包炎)

 

このように、肩関節は「肩関節」が壊れないように、肩関節を固めることで戦っているんですね。

 

凡座の五十肩に対する施術

先ほど、5つの肩関節だけでなく、さらに5~7つほどの関節も関係しているとお話ししました。

まずは体のベースとなる部分として、『骨盤』をしっかり整えます。

続いて、骨盤の左右についている股関節、背中、首の根元という感じで必要に応じて上に上がっていき、肩関節は一番最後に施術することなります。

 

人を家に例えると、腰(骨盤)が土台、背骨が柱、肩が屋根とことになります。

屋根(肩)が傾いたとして、大工さんが傾いた屋根だけみて修復するでしょうか?

なぜ屋根が傾いたのか?

を、まずは確認すると思いませんか?

そして、柱がゆがんでいる、さらには土台が傾いている、となれば、その部分を修復してからでなければ屋根には手をつけられないでしょう。

 

まとめ

人の体も同じです。

一つ一つどこが大元の問題なのかをみていき、大元から順番に戻していく必要があります。

症状がきつく、つらい期間の長い五十肩。

少しでもその期間が短くなるようにすることが大切です。

それは、あなたのつらい期間を短くするためだけでなく、なるべく関節が固まっている期間を短くすることが、五十肩がおさまってからのあなたの肩関節の動きに大きく影響するからです。

そのためのポイントは、異常を感じたら早めにとりかかることです。

『自然によくなるだろう』、と考える方が多いですが、運が良ければ半年、運が悪ければ2年間、つらい思いをしなければいけません。

さらには、五十肩がおさまってからの肩の動きに影響が出るため、『五十肩は自然によくなるだろう』とは思わないでください。

そんな気持ちでいます。

 

 

 

予約受付は電話、メール以外にも、 ご予約/お問い合わせフォームがあります。

24時間受付可能ですのでご活用ください。

凡座では施術だけでなく歩行指導、運動指導、日常生活指導、食養生など、再発防止に力を入れています。

お気軽にお問い合わせください。

完全予約制

06-7176-6667

ご予約/お問い合わせフォーム

メールはこちら

アクセス:大阪府豊中市蛍池北町1-2-22

受付時間/料金案内

休業日のお知らせ

豊中市 阪急蛍池駅 徒歩5分

骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座

●凡座の紹介/プロフィール

●体験談/喜びの声

●初回時の流れ

●骨盤矯正について

●巻き爪矯正について

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA