川西市から膝痛でお越しのA.Sさん『生活に支障が出るひざの痛みがどんどんなくなりました』

こんにちは、豊中市蛍池の骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座です。

川西市からひざの痛みでお越しのA.Sさんのお声

ずっと放っておいた膝の痛み

ずっと放っておいた生活に支障が出るほどのひざの痛みが、ここに通うようになってどんどんなくなりました。

先生も優しくて通いやすかったので、何かあったらすぐに連絡します。

 

膝の痛みは老若男女

膝の痛みで苦しんでいる方はとても多いです。

一般的には、高齢者に多い症状ではありますが、A.Sさんのような20代の方でも慢性の膝の痛みで苦しんでいる方は少なくありません。

もちろん老化や膝の軟骨のすり減り、膝関節の変形などはありません。

このように膝の痛みは老若男女、いつ誰に起こっても不思議はないのです。

 

【膝の痛み】について

 

膝の痛みは一筋縄ではいかない

詳しくは【膝の痛み】について、に書いていますが、膝の痛みは一般的に施術家にとっても難しい症状と言われています。

難しい理由は、

・膝の痛みの原因が膝に無いことが多い

・そして、その原因を特定することが困難

・原因が特定できないので施術がうまくいかない

簡単に言うと、こういったところでしょうか。

 

それに加え、日々の生活で動かすところでもあるので、日常生活習慣と相まって、膝の関節が安定しにくい、ということもあります。

 

膝に痛みがあるということは?

膝に痛みのあるあなたは、私は『膝が悪い』と思っているかもしれません。

しかし、実際に膝の痛みを訴える人の中に、本当に膝が悪い人は多くはありません。

そのあたりは【膝の痛み】について、に詳しく書いてますので、興味のある方は読んでみてください。

いずれにしても、今現在、『膝が痛い』という症状が出ているあなたは、膝が痛くなる前に、『あなたの体はすでになんらかの異常が起きていた』可能性がとても高いのです。

 

まとめ

普段から体のメンテナンスをする意味は、こういったことも防ぐことができるため、とても意味のあることなんです。

それは、なんらかの症状を体が発してくれなければ、私たちは体の異常に気付くことは不可能だからです。

 

何も症状がない=何も異常がない

 

ではないということ、ヒトの体はとてもうまくできています。

そして微妙なバランスを保っています。

アンバランスなバランスも、『バランス』です。

あなたは『どんなバランス」を求めますか?

 

 

予約受付は電話、メール以外にも、 ご予約/お問い合わせフォームがあります。

24時間受付可能ですのでご活用ください。

凡座では施術だけでなく歩行指導、運動指導、日常生活指導、食養生など、再発防止に力を入れています。

お気軽にお問い合わせください。

完全予約制

06-7176-6667

ご予約/お問い合わせフォーム

メールはこちら

アクセス:大阪府豊中市蛍池北町1-2-22

受付時間/料金案内

休業日のお知らせ

豊中市 阪急蛍池駅 徒歩5分

骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座

●凡座の紹介/プロフィール

●体験談/喜びの声

●初回時の流れ

●骨盤矯正について

●巻き爪矯正について

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA