池田市からクツ選びのお悩みでお越しのK.Nさん『私に合う靴がありません…』

こんにちは、豊中市蛍池の骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座です。

池田市からクツ選びのお悩みでお越しのK.Nさんのお声

足が小さく、指の付け根は広め

若い頃に細くかかとの高い靴をはいていたせいか外反母趾になってしまい、スニーカーをはく事が多くなりました。

足が小さく、でも指の付け根は広めでないといけないのでなかなか合う靴が有りませんでした。

この治療院でぴったりの靴を購入し、喜んでいます。

 

クツ選びはなぜ重要か

クツ選びでお悩みの方は本当に多いです。

自分で合うクツを探すことは難しいし、お店の人にすすめられたクツを履いてもなかなかしっくりこないものですよね。

しかし、室内にいるとき以外はずっと履いているクツが、あなたの足に合っていなければ?

それは大きなストレスとなりますよね。

それが仕事の時に履くクツで毎日のことになるとなおさらでしょう。

そんな、クツを選ぶ時におさえるべき3つのポイントとは、いったいなんでしょうか?

 

クツ選びのおさえるべき3つのポイント

・足の幅(一番広いところ)がきつくない

・足首に近いところでクツひもが結べる、もしくはベルトなどがあるデザイン

・ソールが硬くない

 

・足の幅(一番広いところ)がきつくない

一般的に、クツを選ぶ時の基準は、24センチ、26.5センチなどと「足の長さ」を基準にサイズ選びをしますよね。

しかし、それだけではあなたにとって「ベストなサイズ」とは言えません。

サイズを決めて試し履きをしたら、必ず足幅がきつくないか、ゆるくないか、を確認してください。

そこで、足幅が合わない場合は、同じサイズで足幅の広いもの、狭いものがないか店員さんに聞いてみてください。

ニューバランス、アシックスなどは、モデルによってはいくつかのサイズ展開があるので、それぞれの本店に行けば、サイズ測定をして、あなたの足に合うサイズを提案をしてくれるはずです。

足幅とは

クツの裏や中敷きなどに「EE」、「4E」などと書かれているのを見たことはありませんか?

これが足幅のサイズ表記です。

正確には足幅ではなく、「足幅の周径サイズ」です。

D→EE(2E)→EEE(3E)→EEEE(4E)→F→Gとアルファベットが進むにつれて、足幅(周径)が広くなります。

革靴、スニーカーにかかわらず、メーカーによってワンサイズのところもあれば、3サイズ展開のところがあったりと様々です。

また、サイズ展開だけでなく、メーカーや同じメーカーでもモデルによって足幅(ソールの幅)が違うので、足幅の広い人はソールの広いクツを、足幅の狭い人はソールの狭いクツを選んでください。

 

・足首に近いところでクツひもが結べる、もしくはベルトなどがあるデザイン

基本的には、歩く時のクツのお話をしますので、ひものあるスニーカーが理想です。

しかし、お仕事、通勤でのクツのお悩みもよく聞きます。

どちらも共通するのが、サイズ選びとデザインです。

サイズに関しては、先ほどお話ししましたね。

 

デザインというのは、ひも靴であれば足首のところまでひもが結べるデザインのクツ。

パンプスなどの場合は、足の甲のところにベルトの付いたデザインのものが理想です。

なぜかというと、歩くときに、「必ず足はクツの中で動く」からです。

足がクツの中で動いてしまうと、それだけ足や指、爪がクツとこすれます。

歩くたびに足や爪がこすれていると、タコ、マメ、靴ずれ、外反母趾、内反小趾、巻き爪、爪の変色などのリスクが高まるからです。

 

・ソールが硬くない

最後に、ソールの硬さも重要な要素です。

一般的にウォーキングシューズというのは、ソールが硬いものが多いです。

それは、ソールの硬さを利用して楽に足が運べることと、安定感を出すためと言われています。

しかし、これでは自分の体を使った正しい歩き方はできませんし、『外反母趾、内反小趾、巻き爪』などの予防、改善のための歩き方もできません。

ですので、凡座ではウォーキングシューズではなくソールの柔らかいランニングシューズをおすすめしています。

ソールが柔らかいため、自分の足、指で『体を前にすすめる』歩き方ができます。

最近は革靴でもソールの柔らかいものが出ていますので、色々と探し試してみてください。

 

まとめ

一日の中で長いあいだ履いているクツのサイズというのはとても大切です。

クツ選びの3つのポイント

・足の幅(一番広いところ)がきつくない

・足首に近いところでクツひもが結べる、もしくはベルトなどがあるデザイン

・ソールが硬くない

 

これをベースにあなたの今はいているクツをチェックしてみてください。

そしてもし、あなたの足に今のクツがあっていないようであれば、3つのポイントを参考にクツを選んでみてください。

そして、ヒモ靴やスニーカーの場合は、面倒くさくても、毎回くつを履くたびに靴ひもを結びなおすようにしてください。

 

せっかくがんばってあなたの足に合うクツを選んでも、靴ひもをゆるく結び、ひもを結びなおさなくても脱ぎは気が自由にできるクツであれば、当然ですが「必ず足はクツの中で動きます」。

なので、靴ひもは毎回結びなおすことが習慣になると最高です。

 

K.Nさん

ようやく自分の足に合うクツと巡り合えてよかったですね。

しっかりと歩けているようで嬉しい限りです。

 

 

予約受付は電話、メール以外にも、 ご予約/お問い合わせフォームがあります。

24時間受付可能ですのでご活用ください。

凡座では施術だけでなく歩行指導、運動指導、日常生活指導、食養生など、再発防止に力を入れています。

お気軽にお問い合わせください。

完全予約制

06-7176-6667

ご予約/お問い合わせフォーム

メールはこちら

アクセス:大阪府豊中市蛍池北町1-2-22

受付時間/料金案内

休業日のお知らせ

豊中市 阪急蛍池駅 徒歩5分

骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座

●凡座の紹介/プロフィール

●体験談/喜びの声

●初回時の流れ

●骨盤矯正について

●巻き爪矯正について

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA