大阪市内から巻き爪でお越しのAさん『本当に来てよかったです』

こんにちは、豊中市蛍池の骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座です。

大阪市内から巻き爪でお越しのAさんのお声

本当に来てよかった

本当に来てよかったです。

 

巻き爪は伸ばした方が良い?

「巻き爪は伸ばした方が良い」と、周りの人から聞いたり、自分でそう思い、爪を伸ばしている方はとても多いです。

「Aさんも巻き爪は伸ばした方が良い、痛くならない」と思い、長い間、爪を伸ばしており強度の巻き爪になっていました。

結論から言うと、足の爪は伸ばしてはいけません。

これは、巻き爪の方もそうでない方も同じです。

お洒落などご自分の考えで爪を伸ばすことは個人の自由です。

そうではなく、今現在、巻き爪で悩んでいるあなた、自分の子供が巻き爪で悩んでいるあなた、足の爪の適切な長さがわからないというあなたは、足の爪を伸ばすことはやめた方が良いです。

足の爪を伸ばせば、巻き爪の巻き方が強くなるだけでなく、爪先が靴にあたり痛みや悪化の原因にもなるので要注意ですよ。

 

巻き爪は短く切った方が良い?

では逆に、巻き爪は短く切った方が良いのでしょうか?

これも結論を先に言うと、絶対に短く切ってはいけません。

爪を短く切ることを、『深爪』と言いますよね。

深爪は爪を伸ばすこと以上に、危険な場合が多いです。

極端な深爪になると、巻き爪がどうこうの前に、傷がつきやすく感染のリスクが高まります。

巻き爪の場合は、巻き爪の巻き方が強くもなりますし、「陥入爪(かんにゅうそう)」のように、爪の両端が皮ふの中に食い込んでいきやすくなります。

このような状態になると、爪が皮ふを押すことで皮ふが傷つき、出血し化膿してしまうことも少なくありません。

 

陥入爪(かんにゅうそう)とは

少し話がそれますが、かんたんに「陥入爪」の説明をしておきます。

「陥入爪」とは、巻き爪とは違い、爪の端が丸く巻くことはありません。

爪の見た目上は、まっすぐ平な爪ですが、爪の両端、もしくは片側が、皮ふの下に入り込んでいる状態の爪を言います。

軽度場合は、皮膚の下に爪が入り込むだけですが、進行すると、爪が皮ふを破り、そこから出た「肉」が爪の上に乗り出してきます。

ここでは「陥入爪」の画像を載せませんが、インターネットで検索してもらうと、痛々しい画像がたくさん出てきます。(ちょっとグロテスクなので、弱い方は見ない方が良いです)

実際に強い痛みがあり、靴が履けない、なんてことも少なくありません。

 

巻き爪で一番してはいけない切り方

巻き爪にとって、一番してはいけない爪の切り方というのがあります。

それは、巻き爪の両端の巻いている部分を『斜めに切り落とす』ことです。

この二枚の画像は、ともに深爪でもありますが、爪を斜めに切ることは絶対にやってはいけません。

爪を斜めに切った部分から爪が伸びてくると、その部分から巻いてきやすくなります。

そしてまたその爪が巻いた部分が痛くなり、同じようにまた爪を斜めに切ってしまう。

という、よくない繰り返しをする方が多いのです。

 

正しい爪の整え方

それでは、どれくらいの長さで、どのように爪を整えればいいのでしょうか。

上の画像は「良い例」です。

 

言葉にすると、

・爪の長さは、指の長さと同じ長さ

・爪はまっすぐ切る

・角の部分は、軽く丸く整える

この三点に気を付けて、爪を切り、爪を整えるのが理想です。

その時に、通常の爪切りを使わずに、爪用のヤスリを使うことをおすすめします。

そうすることで、爪の切りすぎ(深爪)などの失敗をするリスクが減りますし、爪を切る時の「パチン」という衝撃を爪に与えることも防げます。

 

二つ目の、「爪はまっすぐ切る」に関してですが、私の考えとしては、完全にまっすぐ切るよりも、『ある程度』指の形にそわして切る方が、クツを履いたときに、違和感を感じにくいと思います。

ただし、これは『ある程度』にとどめておくことと、あなたの指の形によって変わるので、基本としては、「爪はまっすぐ切る」と覚えておくといいでしょう。

 

まとめ

爪の整え方はとても大切です。

爪の切り方、整え方をおろそかにすると、巻き爪のリスクがとても上がります。

正しく爪の形を整え、巻き爪のリスクを減らしてくださいね。

 

Aさん

お仕事が忙しそうですが、ご自分の爪のケアも大事です。

正しい爪の整え方を続けてくださいね。

 

 

予約受付は電話、メール以外にも、 ご予約/お問い合わせフォームがあります。

24時間受付可能ですのでご活用ください。

凡座では施術だけでなく歩行指導、運動指導、日常生活指導、食養生など、再発防止に力を入れています。

お気軽にお問い合わせください。

完全予約制

06-7176-6667

ご予約/お問い合わせフォーム

メールはこちら

アクセス:大阪府豊中市蛍池北町1-2-22

受付時間/料金案内

休業日のお知らせ

豊中市 阪急蛍池駅 徒歩5分

骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座

●凡座の紹介/プロフィール

●体験談/喜びの声

●初回時の流れ

●骨盤矯正について

●巻き爪矯正について

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA