箕面市から巻き爪でお越しのK.Mさん『話しやすく、感じがよくて喜んでいます』

こんにちは、豊中市蛍池の骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座です。

箕面市から巻き爪でお越しのK.Mさんのお声

巻き爪も良い方向に向かっています

話しやすく、感じの良い治療院に会えて良かったです。

巻き爪もいい方向に向かっています、喜んでいます。

 

巻き爪とクツの関係

K.Mさんの靴のサイズは、通常女性用としてはなかなか市販していないサイズなことと、巻き爪の痛みとで、靴選びに苦労しているようで、「なかなか合う靴がなくても困っているんです」と、相談を受けました。

このような悩みをお持ちの方は、本当にたくさんおられます。

足の形というのは、足幅の広い人、狭い人、甲の高い人、低い人、親指が一番長い人、中指が一番長い人、指の長い人、短い人など、人それぞれ違います。

そういった元々の足の形に、扁平足、外反母趾などが加わり、足の形はだんだん変わっていきます。

そこに「巻き爪」が加わると、今度は「痛みを逃がす」という要素が加わり、さらにクツ選びに苦労するというわけです。

 

巻き爪の人に多い間違ったクツ選び

巻き爪の人、特にクツを履くと痛くなるタイプの巻き爪の人に多いのが、大きめの靴を履き、さらにひも靴であればひもを緩め、ゆるゆるの状態でクツを履くことです。

女性の場合は、おしゃれを優先し指先の狭いクツや小さめの靴を選ぶ方はおられますが、それでもほとんどの巻き爪の人は小さいクツは選択しません。

その代わりに上記のような大きめの靴を選んでしまうのが、「間違ったクツ選び」なんです。

 

クツの中で足は動く

それでは、なぜ大きめのクツが巻き爪の良くないのでしょうか。

イメージしやすいと思いますが、スーツケースに荷物をぴったり入れると、スーツケースを揺らしても中の荷物は動きませんよね。

しかし、荷物が少なく、スーツケースの中に隙間がある状態でスーツケースを揺らすとどうでしょうか?

とうぜん、中の荷物は隙間があるため動きますよね。

これと同じように、大きめのクツやひもを緩めたクツを履くと、歩くたびに足がクツの中で動き、巻き爪がクツと接触し、こすれてしまい、痛みや悪化の原因となるのです。

凡座でおすすめしているクツのサイズ選びは、履いていてジャストなサイズよりワンサイズ上を選び、足首に一番近い部分だけしっかりひもを結び、なるべくあh氏がクツの中で動かないようにすることをおすすめしています。

 

まとめ

このように、巻き爪とクツというのは大きく影響します。

「大きめのクツを履いてるから大丈夫です」という言葉をよく聞きますが、それが痛みや悪化の原因になっていた、なんて笑うに笑えませんよね。

・巻き爪で悩んでいる人は、ひものないクツではなくヒモ靴を履くこと

・サイズ選びは、必ず試し履きをして歩くこと

・めんどくさくても、毎回、靴ひもを結びなおすこと

・そして、自分に合ったクツを履き、しっかり『歩く』こと

 

K.Mさん

上記のことに注意して、クツ選びを楽しんでください。

そして、巻き爪だけではなく、両膝の変形のためにもしっかり「歩く」ようにしてくださいね。

 

 

 

予約受付は電話、メール以外にも、 ご予約/お問い合わせフォームがあります。

24時間受付可能ですのでご活用ください。

凡座では施術だけでなく歩行指導、運動指導、日常生活指導、食養生など、再発防止に力を入れています。

お気軽にお問い合わせください。

完全予約制

06-7176-6667

ご予約/お問い合わせフォーム

メールはこちら

アクセス:大阪府豊中市蛍池北町1-2-22

受付時間/料金案内

休業日のお知らせ

豊中市 阪急蛍池駅 徒歩5分

骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座

●凡座の紹介/プロフィール

●体験談/喜びの声

●初回時の流れ

●骨盤矯正について

●巻き爪矯正について

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA