池田市から腰痛でお越しのT.Mさん『不思議なくらいに治ります』

こんにちは、豊中市蛍池の骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座です。

池田市から腰痛でお越しのT.Mさんのお声

不思議なくらいに治ります

体の悩みは凡座で解決!!

不思議なくらいに治ります。 生涯お世話になります!!

宜しくお願い致します。

 

サッカーで痛めた腰

サッカーに限らず、スポーツが原因となる腰痛というのは多いものです。

どのスポーツにもそのスポーツ特有の動きがあります。

サッカーであれば、ほとんどの人が右利きなら右足で、左利きなら左足でボールを蹴りますよね。

両足を器用に使える選手もいますが、それでも左右均等に使ってはいないでしょう。

野球であれば、右投げ右打ち、左投げ左打ち、右投げ左打ちなど、どちらの競技も左右で動きの偏りが発生します。

テニス、ゴルフも同様で、こちらもかなりの偏りです。

スペインのナダル選手の左腕などすごい発達ですよね。

 

偏りから生まれるもの

人の体は、体の真ん中に線を引いて分けると、基本的には左右対称です。

そんな中でスポーツだけでなく、仕事、日常生活、趣味などで体の動きに左右の偏りがあると、当然筋肉の発達、骨の発達、関節の強度、内臓の活動などに大きく影響します。

スポーツの場合、真剣に取り組めば取り組むほど体の偏りも大きくなり、それにあわせて体に対する影響も大きくなるので、損傷も大きくなっていきます。

 

体の左右バランスが大事

なるべく左右均等になるように動作を行う。

例えば、荷物もショルダーバッグやトートバッグのように片側の腕や肩で持つのではなく、リュックにする。

座るときは足を組まない、お姉さん座りをしない、横寝をしないなど。

 

これらはほとんどの方が、どちらか片方に偏る動きです。

日常生活の動作は無意識で行うもので、必ず偏りがあるものです。

そのため、一度意識をしておかなければずっとその状態は改善されません。

みなさんも一度、自分の行動の偏りに目を向けてみてください。

驚くほど左右どちらかに偏っている生活に気づくと思いますよ。

 

【腰痛】について

【骨盤矯正(整体)】について

 

予約受付は電話、メール以外にも、 ご予約/お問い合わせフォームがあります。

24時間受付可能ですのでご活用ください。

凡座では施術だけでなく歩行指導、運動指導、日常生活指導、食養生など、再発防止に力を入れています。

お気軽にお問い合わせください。

完全予約制

06-7176-6667

ご予約/お問い合わせフォーム

メールはこちら

アクセス:大阪府豊中市蛍池北町1-2-22

受付時間/料金案内

休業日のお知らせ

豊中市 阪急蛍池駅 徒歩5分

骨盤矯正 巻き爪矯正 凡座

●凡座の紹介/プロフィール

●体験談/喜びの声

●初回時の流れ

●骨盤矯正について

●巻き爪矯正について

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA